top of page
  • 執筆者の写真Sarah Kidokoro

ファッション販売連載:6月号:「プリーツ加工素材」


ファッション販売6月号:素材のケア方法「プリーツ」

〜一部抜粋〜


【プリーツ加工とは?】

プリーツ加工とは「ひだ付け」のことを言います。ローマ時代が起源とされ(古代エジプトの壁画に描かれているとも)、主に法衣に用いられていました。日本でも法衣・袴などに古くから使われています。主な加工法は、「プリーツマシン法」「型紙プリーツ」「手加工プリーツ」があります。


【プリーツ加工品の注意点】

ソフトプリーツやつよい加圧のないプリーツ加工などの製品の中には、着用時の状態や状況、着用頻度などが影響して形状が崩れたり、クリーニング時の熱により消滅することもあるなど、一部取り扱いに細心の注意が必要な加工でもあります。


【おうちで洗濯する場合のコツ】

合成繊維の製品で、”手洗い可”の表示がある場合には、なるべく洗濯機は使わずに中性洗剤を溶かした30〜40度のぬるま湯に浸けて引き上げるを繰り返し強く絞らず水を振り切って立体母子をしてあげてください。

【販売現場でのご提案】


ご興味のある方は、こちら(https://amzn.asia/d/0qqi0Jt)


閲覧数:4回

Comments


bottom of page